PROFILE

伽羅女(KYARAME)

薬草魔女

発芽*レイキアカデミー認定ヒーラー

TCマスターカラーセラピスト


栃木県小山市出身

田んぼと雑木林に囲まれた、緑の多い農村地域にて育つ。

1人っ子で年齢の近い子供が少なかったため、1人遊びや妄想が好きな子供時代であった。

絵を描くことも好きで美術館によく連れて行ってもらっていたが、高校入学直前に本屋でたまたま手に取ったサルバドール・ダリの画集の表紙に衝撃を受け、一目惚れをする。

それ以来ダリやルネ・マグリットといったシュルレアリスムに惹かれるようになる。


また子供の頃からスピリチュアルなことに興味があり、不思議な現象を数多く体験。

そのことで周りから仲間はずれにされることがあったために、無意識に自ら力を封印してしまう。

しかし常に自分を殺していることへの不満と誰にも理解されないのではないかという不安を感じて、仕事以外では殆ど外出できずに引き込もりの状態だった。

ところがリストラにあったことから自分を偽っていることに嫌気がさし、本当に自分がやりたいことを仕事にしたいと決意。

「面白そう」と感じるセミナーやワークショップ全てに参加しているうちにレイキと出会い、自己ヒーリングを続けているうちに自らの持つ能力に目覚めることになった。



作品について

パステルで描く曼荼羅アートに出会い熱中していくが、次第に物足りなさを感じていった。

もっと自分らしい、自分の中から湧きあがって来るエネルギーを表現したくなり、自分に合った表現方法を探していた所、線描曼荼羅を知る。

またその頃自分の中にあるスピリチュアルな能力に目覚め、自己ヒーリングを続けていたが、偉大なる者の目が自分をいつも見ていることに気がつく。

子供の頃から人間の目に興味があり気がつくと目を描いていたが、それが偉大なる者の目であったのだ。

それからすぐに古代エジプトの「ホルスの目」と出会い、インスピレーションを得、自分の描く作品に「目」を描くようになる。

描きたいという衝動は留まることがなく、何者かに描かされているような感覚を常に感じている。


作品に描かれる目は、自分をいつでも見つめ続ける存在であり、自分自身でもある。

作品を見ることで、自分自身と向き合うことになる。

なので真っ直ぐに見つめ返してくるその「目」には、嘘も偽りも通じない。